金属3Dプリンター用粉末なら|QLAB

3Dプリンターの研究には少量が最適。
金属3Dプリンター用粉末開発向けに少量の粉末をバリエーション豊かに提供致します。 

日本語h英語h中国語

 

 

 

金属3Dプリンター用金属粉末事業内容

@小ロット粉末作成事業

■オリジナル組成粉末開発
オリジナル金属組成の粉末研究開発を支援致します。 

■販売方法
1000gから500g単位で製作販売致します。 

■OEM
OEMに対応致します、ご相談くださいませ。 

■その他
出 荷 梱 包 : 弊社出荷基準に基づきます。特殊梱包は別途有償になります。
情 報 開 示 : 御支給試料MSDS等融点、粘性、毒性、その他ご開示願います。 
秘密保持契約 : ご要望により事前締結致します。
粉末化の保証 : 粉末製造は必ず出来る事を保証する物ではありません。
            金属種及び組成等により不可能な場合もありますのでご了承くださいませ。 
            なお、原則契約金額の返金又は免除はいたしかねます。 

金属粉末作成例

合金系 粉末化の難易度 融点・その他
Fe(CompositionA) 1200℃
Fe(CompositionB) 1200℃
Fe(CompositionC) 1100℃
Fe(CompositionD) 1100℃
Fe(CompositionE) 1300℃
Fe(CompositionF) 1500℃
AL(CompositionA) 800℃
AL(CompositionA) 700℃
Zr(CompositionA) 850℃
Zr(CompositionB) 1500℃
Cu(CompositionA) 1100℃
Cu(CompositionB) 1100℃
   Nd alloy 1300℃
Ni(CompositionA) 1300℃
Ni(CompositionB) 1400℃
Ti(CompositionA) 1500℃
Ti(CompositionB) やや難 1143℃
Ti(CompositionC) 1700℃
Ti(CompositionD) 1300℃
    Li alloy 1100℃

*表中のA〜Fは組成の違いを表します。

A粉末及び粒径データ

 

 

 

アモルファス(非結晶)箔帯

銅系合金粉末

鉄系合金粉末

クロム粉末

 

 

 

銀(Ag)粉末

SUS粉末

銅(Cu)粉末

 

B粉末製造装置
■高圧高融点ガスアトマイズ装置
溶解量:1kg(鉄換算)
試料:ユーザー殿御支給
標準粉末粒径:20μ〜120μ(粉末作製条件による)
回収率 :80%以内 (実績値)
加熱方式 :高周波誘導加熱方式
最大加熱温度:2200℃ (ボリューム実績値)
技術提携 :岩手大学工学部, 東北大学 

ガスアトマイズ装置